スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IconSet_XP

IconSet_XP

  • ライセンス : フリー
  • OS : XP
  • 作者サイト : IconSet



アイコンを変更するためのソフトです。
各ソフトに固有のアイコン以外なら、
windows上で普段目にするそのほとんどを変更できます。
(アイコンの素材は他のサイトなどで
 ダウンロードしてくる必要がありますよ)

非常に使いやすくて、
まとめて沢山のアイコンを変更できるので
便利なソフトなのですが、
使い方について、あまり詳しく書かれていないので
ちょっと説明しておきます。

1.
アイコンの素材は、
IconSet_XPをインストールしたフォルダ内の
Iconsというフォルダに置いておくと便利です。

2.
IconSet_XPを起動すると
変更可能なアイコンの一覧が出ます。
変更したいアイコンをダブルクリックすると
ポップアップでダイアログが出てきます。
(この時、左下にある”アイコンフォルダ”というボタンを押すと
 Iconsに置いたアイコン素材を選択できます。)
そして”OK”を押します。

3.
変更が完了したら、適用ボタンを押せばOKです。
アイコンが変更されてるはずです。

4.
元に戻したいときは、
IconSet_XPを起動して、
右クリックのメニューの”すべて初期設定に戻す”を選択すれば
変更前の状態に戻ります。

このソフトを使って、
是非オリジナルのwindowsを作って下さい。笑

written by marl @ Hippo Hiccup
スポンサーサイト

試練、いや死練

①レポート (9/22)
②学会リハーサル (9/22)
③学会 in 京都 (9/28-10/1)
④内定式 in 大阪 (10/3)
⑤修士論文中間発表 (10/7)

あぁぁぁ。。。
みんな頑張れ。
俺頑張れ。

CLaunch

CLaunch



ランチャーソフトです。

ランチャーとは、デスクトップ上で
ボタンを押すだけで目的のソフトを起動するためのソフトウェアです。
Windowsのスタートメニューもランチャーの一つです。

僕は、デスクトップにショートカットを置くのが嫌いです。
ゴチャゴチャするし、壁紙が見えなくなるし、
複数のウィンドウを開いてると、ショートカット自体見えなくなる。笑

ちょっと前までは、クイック起動を主に使ってました。
しかし、
ノートパソコンの小さな画面だと、
クイック起動を沢山登録するとタスクバーが狭くなって、
ウィンドウを沢山開いた時に、タイトルが見づらくなってしまいます。

そこで、
 ・必要な時だけ現れ、必要が無くなれば消える
 ・メモリ消費量が少ない(ノートパソコンなので)
 ・目的のソフトが見つけやすい、かつスタイリッシュ
 ・簡単動作で使える
 ・ウィンドウを沢山開いた状態でも、簡単に起動できる
というワガママな条件でランチャーを探してました。
で、見つけたのがCLaunchでした。

まさに理想通りだったのでとても気に入っています。
ショートカットから起動すれば(起動が早い!)
指定したポジションにランチャーが現れます。
そして、目的のソフトのボタンをポチっと押すと、
そのソフトが起動すると同時に、
CLaunchは、パッと終了します。

また、キーボードやマウスジェスチャーでの起動も可能です。
僕は、クイック起動にCLaunchだけ登録して
他のソフトはCLaunchで起動しています。

もう一つ、僕が気に入ったのは
見た目のカスタマイズ自由度が、とても高い。
とても同じソフトとは思えないくらい変更できます。

自分なりの設定にしてやれば、
まさに”お気に入り”になること間違いなしです。

written by marl @ Hippo Hiccup

私本管理 Plus

私本管理 Plus



蔵書管理ソフトです。

タイトル・作者・ジャンル・サイズ・発行元・発行年月・ISBN・定価 etc.
様々な情報を保存できます。
保存した情報は、
エクスプローラ風にツリー形式で表示されます。

このソフトは、本のISBNを打ち込めば、
amazonからその本の詳しい情報を取ってきてくれます。
なので、最初に挙げたような本の情報を
いちいち打ち込む必要はありません。

登録した本は、
様々な情報による検索や、
CSVやTXT形式での書き出し等にも使えます。

作者様のサイトにあるプラグインを使えば
・携帯やネットを使った蔵書検索
・amazonじゃなくてBooks.or.jpからの情報の取得
等々ができます。

最初だけ、
現在の蔵書を全て打ち込むのが面倒くさいですが、
やる気になれば、一日でできますよ。
各本ごとに簡単なメモも保存できるので
感想を書くなんてのもいいかもしれません。

written by marl @ Hippo Hiccup

czWtime

czWtime

  • ライセンス : フリー
  • OS : NT/95/98/ME/2000/XP
  • 作者サイト : DigitalFarm
  • Vector ダウンロード : czWtime



SNTP/time/daytimeプロトコルを使って
パソコンの内部時計を調整してくれるソフトです。
つまり、
ネット経由でパソコンの時計合わせをしてくれるソフトです。

パソコンの内部時計って
みんなあんまり気にしてないけれど
実は結構重要です。
パソコンの内部時計って、意外とズレるんです。

例えば、メール。
誰かにメールを送信する時に、
送信時間の情報がメール情報に書き込まれます。
でももし、あなたのパソコンの内部時計が狂ってたら?
相手に間違った送信時間を知らせてしまう事になります。
メールを送る側の配慮として
内部時計を合わせておくのはマナーです。

このソフトは
必要な時だけ起動して時間合わせをする事も出来ますし、
定期的に時間合わせをしてくれる機能も付いています。

細かい設定も出来ますが、
その辺あんまり知らなくても
ワンクリックで調整やチェックをしてくれます。

つまり、、、
使いやすいってことです。

ソフトをダウンロードして、解凍してしまえばすぐに使えて、
アンインストールも、フォルダごと削除すればOKです。

written by marl @ Hippo Hiccup

日本VSホンジュラス

ほんと残念な試合でした。
前々から、三都主のサイドバックはやめろよ、
と思ってはいたけど、
今回ほど三都主をいらないと思った事はなかったです。。。

日本の4失点。
僕としては、4バックのせいでは無いと思ってます。
(三都主には問題あるけど。。。)
今回は、ボランチに稲本・中田浩二の二人でした。

4バックにすると、サイドが攻撃に参加します。
しかし、そのせいで守備になった時に
スペースができてしまいます。
(DFが二人しかいない!)
本来そのスペースを、
ボランチかサイドバックの一人が埋めるべきなのですが、

埋まってなかった。。。

守備に転じてもサイドバックが二人とも自陣に戻ってない。
さらにボランチも二人とも戻ってきてないせいで
むしろDFとMFの間にさらにスペースが。。。

カウンターの時はサイドのスペースを、
ゆっくり攻められる時は、DFとMFの間を、
ホンジュラスに、思いっきり利用されてました。

ボランチの二人、
下がるときも一緒、上がるときも一緒。
という感じを僕は受けました。
単純に連携・コミュニケーション不足という気がします。

4バックは優秀なサイドバックがいて初めて
その威力を発揮します。
サイドバックには、運動量・攻撃・守備・連携
全てに高い能力が必要なのです。
ある意味、一番難しいポジションとも言われます。
そして日本人には純粋なサイドバッカーが少ないです。
(昔は都並さんがいたなー。)

運動量はともかく、個々の技量・能力で劣る日本に
4バックを採用するならば、
それを埋めるだけの組織力・連携が絶対必要だと思います。
今回はそれが足りなかった・・・。
と思いました。

稲本・中田浩二という、まだチームに慣れていない二人を
同時に起用した事が一番の原因じゃないかと。。。
攻守にバランスのとれる、
遠藤とか今野のどちらかを入れた方が、
良かったんじゃないかなー。

それにしても三都主。
たまに出るクロスの精度よりも
守備のマイナスが目立ってた。。。
あやうく退場並のファウル連続で繰り出してたし。
よくイエロー1枚で済んだな。
セルジオさんも怒ってたぞ。笑
あぁ、村瀬が見たい。

しかし、攻撃に転じたときの日本のスピードは良い感じでした。
特に、後半。
中田英寿がボランチに下がって、中村俊介と小笠原のW司令塔になってから。

中田から出る縦パス。
中村のサイドに開いてのアシスト。
小笠原のシンプルなパス回し。
大黒・玉田の縦へ飛び出し。

良い形だなーと思いました。
久しぶりに、中田のキラーパスも見れたし。

それにしても。
長駄文になってしまった。
そして偉そうに書いてしまった。。。
でも、戯言ですから。
でも、本当は日本代表大好きですから。

written by marl @ Hippo Hiccup

ネットでTV Gyao

"Gyao"というサイトをご存じですか?

インターネット上で
様々な番組を配信しているサイトの一つです。

ブロードバンド向けに映像コンテンツを配信するサイト
最近増えてきましたよね。
でもこのサイトは他とはちょっと違います。
コンテンツが全部無料なんです!

今まで
「無料配信サイトのコンテンツは期待できない」
なんて思ってましたが、
このサイトは違ってました。
映画・音楽PV・過去のテレビ番組・スポーツ・ニュース等々
かなり充実した内容です。
有名な映画や音楽PVが無料で配信されています。

ただし、番組が始まる前に
CMが2~3本流れます。
このようなCM収入だけで運営しているので
無料なのです。

暇なときに見てみて下さい。
最初に簡単な登録が必要です。
(個人情報はほとんど必要ありません。
 e-mailとか郵便番号とかを入力します。)
あと注意点として、
インターネットエクスプローラでないと視聴できません。

Gyao : http://www.gyao.jp/

星の王子さま

4001140012星の王子さま
サン=テグジュペリ 内藤 濯

岩波書店 2000-06
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読んだことはなくても、
この本の名前くらいは
どこかで聞いたことあると思います。
エディ・マーフィーの「星の王子様 ニューヨークへ行く」とは
何の関係もありませんよ。笑

この本はフランスの作家サン=テグジュペリが書いた童話で
1943年に初めて出版された本です。
60年以上経ってもこうして人々に読まれています。
すごいですよね。

内容は
飛行機が故障してサハラ砂漠で遭難した一人の飛行士と
遠い星から地球へやってきた一人の王子様の話です。

この本には
本当にたくさんの素晴らしい言葉が詰まっています。
彼はこの本を子供のために書きました。
あるいは、子供であったことを忘れずにいる大人へ。

子供の純粋な心
常識にとらわれない想像力

純粋な目を持った王子様から見た
見栄や欲や時間に捕らわれた大人達は
とても不思議な人たちに見えたはずです。

作者のサン=テグジュペリは、飛行士でもありました。
当時の飛行機はまだ現在のように安全ではなく
飛行士は死と隣り合わせの職業でした。

たった一人で
大空を自由に飛ぶ彼が見ていた世界
それが彼の作品には書かれています。
サン=テグジュペリの代表的な作品は、他にも
「夜間飛行」や「人間の土地」があります。
この2作は童話ではありません。
結構難解な文章です。

彼の文章を読んで、
崇高で気品のある人だと僕は感じました。
それは彼が飛行士であった事と無縁ではないと思います。

サン=テグジュペリは、1944年、地中海で飛行中に消息を絶ちます。
「世界は蟻の塚だ」
彼の書き遺した文章です。

汚れのない空で生きたサン=テグジュペリにとって
地上の世界は醜く見えたのかもしれませんね。
子供の心を除いては。

文庫版の「夜間飛行」と「人間の土地」の表紙絵は
ジブリアニメで有名な宮崎駿が書いています。
「人間の土地」では後書きも書いています。
宮崎駿もまた飛行機好きの少年という感じがしますよね。笑

「紅の豚」 と サン=テグジュペリ

僕は似たものを感じます。
"空と海の両方が、やつらの心を洗うからだ"
「紅の豚」にそんなセリフがありましたね。

410212201X夜間飛行
サン=テグジュペリ

新潮社 1956-02
売り上げランキング : 5,759

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4102122028人間の土地
サン=テグジュペリ

新潮社 1955-04
売り上げランキング : 7,662

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


written by marl @ Hippo Hiccup

われ笑う、ゆえにわれあり

4167588013われ笑う、ゆえにわれあり
土屋 賢二

文芸春秋 1997-11
売り上げランキング : 24,316

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



哲学科の教授が書いたエッセイです。

でも、(全く!)難しいことは書いていません。
タイトルは「われ思う、故にわれあり」という
哲学者デカルトの言葉のパロディです。

内容はというと、
それはそれはクダラナイ屁理屈と冗談の結晶です。

勝手な理屈を展開し
時には話が脱線し
起承転結もあったもんではありません。
でも、語り口が真面目である分
それがとても可笑しいです。

笑うことを焦点(笑点?)にした作品です。
気軽に読んで下さい。

僕はこの本を本屋で立ち読みして
初っぱなから、一人笑いをしてしまいました。

読後は
笑い疲れというのもありましたが
作者の頭の良さに驚きました。

頭の良い笑い
という感じがしました。

笑うよりも笑わすことの方が
ずっと難しいですもんね。

written by marl @ Hippo Hiccup

ホワイトアウト

410127021Xホワイトアウト
真保 裕一

新潮社 1998-08
売り上げランキング : 38,152

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



織田裕二と松嶋菜々子の主演で映画化されて
一躍有名になりましたね。
あの映画「ホワイトアウト」の原作です。

なんか僕の紹介する本は映画化されている事が多いですが
それは意識的にしているのではなくて
面白い本が映画化されてしまうからです。笑

ちなみに紹介した本はほとんど、
僕は映画化が決まる前に読んでます。エッヘン(^_^)v

そんなことはさておき、本の紹介。

ストーリーは映画を見られた方は大体ご存じですよね。
なので敢えて語りません。

映画の通り、この本は
まさにハードボイルド・アクション・サスペンスです。

全編を通じて漂う緊張感
そして壮大なスケール
巨大な犯罪に立ち向かう一人の男

亡き親友との約束を果たすため
プライドをかけて一人闘いを挑む男の姿に
熱くならずにはいられません!

この本が、映画と最も違う点は
主人公富樫輝男の心の描写だと思います。

良い物語には、
人を感動させる心理描写が欠かせない!
ですよね?笑

挫けたり諦めそうになる気持ちと闘う場面もまた
重要なストーリーです。

映画を観た後でも十分楽しめますし、
むしろ新しい発見もあって飽きがこないと思います。

written by marl @ Hippo Hiccup

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。